リフォーム・新築・オール電化住宅を大阪、阿倍野、住吉でお探しの方は恵幸商事建設事業部まで

恵幸商事 建設事業部 恵幸の快適ライフ 株式会社恵幸商事

新築物件引渡し完了

2009年8月24日
210824.jpg
4月から建築していました新築を先日無事引き渡しました。
梅雨の時期や夏の暑い時期と天候に苦しめられる時期でしたが、現場は順調に進みようやく完成しました。
毎日現場に足を運ぶので、お施主様よりもその家に詳しくなってしまいました。今はまだすべてが新品の家ですが、これからお施主様の色に染められて、さらにいい家になっていくはずです。
新築というのは、何も無い更地の状態からお施主様の希望の家が建つまでをずっと見てくるので、建築の醍醐味がすべて詰まっています。その為、完成してお施主様に引き渡すと、お施主様と同じようにこちらまで嬉しくなってきます。

写真は引渡しをしている風景です。引渡し時には、設備の説明や鍵の交換などを行ないます。
詳しくは後日作品紹介に掲載しますので、ご覧下さい。

お盆休み

2009年8月17日

210817.gif

お盆休みは、いかがでしたか? 当社は、昨日から出勤でした。まとまって休みを頂くと随分と違いますね。
心も体も休息して、また新たに仕事を頑張ろうと思います。
写真はもうすぐ引渡しの新築の現場です。
最初は、余裕の工期だったのですが・・・なかなか決まらない事や変更も多く
最後は、工期が詰まってきてしまいました。(汗)
大抵の人は、一生に一度の家造りですよね。ああでもないこうでもないと設計から施工まで、お施主様と一緒になって現場は進んでいきました。
お施主さまの思いがいっぱい詰まった建物を見て、本当に『いい家だなぁ』と思います。 
もうすぐお引渡し!! 気を引き締めて最後まで頑張ります!!
 

親子木工教室 詳細!

2009年8月 6日

8月2日に恵幸商事で開催しました 「親子木工教室」 は天気にも恵まれ大盛況の中終了しました。本日のブログではその詳細をお知らせ致します。

今回の課題は 「マガジンラック」 でした。
組み立てに始まり、ペーパー掛け、塗装と大まかに3工程の作業です。

最初の工程 「組み立て」 作業では、ノコギリと電動ドライバーを使い、部材を組み立てて行きます。
まずはノコギリで部材を必要な長さに切ります。まっすぐに切るのが以外に難しいんですよ~。
そして切った部材を電動ドライバーを使って組み立てて行きます。使ったことの無い道具に興味津々!!力の入れ具合がコツですね。

210807-1.jpg
210807-4.jpg
次の工程は 「ペーパー掛け」 。。
組み立てた部材は切りっぱなしの状態なので、表面や角をペーパー掛けしていきます。
よく使われる紙のペーパーと電動の紙やすりを使いました。
電動の紙やすりは簡単にペーパーが掛けられるのでとても楽チン。
でも最後は自分の手で細かいところはやすりをかけましょう。
 
210807-5.jpg









最後の工程は 「塗装」。
昨年の木工教室にはなかった塗装工程です。
今までの作業ではみんなが同じ作業をしてきましたが、最後の工程では自分の好きな色をつけて個性を出してもらいました。
軍手を塗料まみれにしながら楽しそうに色をつけている子供たちの顔がとても印象的でした。
最後は塗装を乾かして完成!!

210807-6.jpg
210807-7.jpg
記念に当社の前で 「にっこり!!」
みんな自分の作ったマガジンラックを誇らしげに持って帰られました。

210807-8.jpg
210807-9.jpg
作業終了後に書いていただいたアンケートにも子供たちの楽しさが伝わってきます。
みんな。お疲れ様!!
暑い中、自分で何かを作り上げたという思い出になってくれれば幸いです。
保護者の皆様、ご参加どうもありがとうございました。

210807-10.jpg
210807-11.jpg

木工教室 開催!

2009年8月 2日

210802.jpg
前日からの雨で一時は、どうなるかと心配しましたが私達の努力を神様も応援してくれたのか開催時間にはピタリと雨は止み無事に開催する事ができました!!
昨年同様最初は、ノコギリや金づちをぎこちなく使う子供達も段々慣れていき、大工さんや親御さんとの息もぴったり。
お父さんの方が真剣になっていたりと・・・随分親子で楽しんで頂けたのでないかと思います。出来上がった作品を大事そうに抱えて『とっても楽しかった!バイバイ!』と嬉しそうに手を振ってくれる子供さんの笑顔がとってもキレイで逆に私達がエネルギーをたくさんもらえました。
210802-1.jpg
昨年多くのキャンセル待ちを頂いたので より多くの親子の方々に木工教室を体験してもらえたらと作品を1つに絞りました。大反響を頂き、当日も参加できないかという問い合わせを頂いてしまいまた。もっともっと試行錯誤を繰り返し、もっともっと楽しくて、多くの子供達に手作りの楽しさを伝えられたらと思います。本当に本日ご参加頂いた皆様ありがとうございました。