リフォーム・新築・オール電化住宅を大阪、阿倍野、住吉でお探しの方は恵幸商事建設事業部まで

恵幸商事 建設事業部 恵幸の快適ライフ 株式会社恵幸商事

システムキッチン「ラクエラ」

2009年9月29日
210929.jpg
以前から紹介させて頂いてるマンションリフォームですが、先日キッチンを取り付けました。
今回取付させて頂いたキッチンは、今一番の売れ筋のクリナップ「ラクエラ」です。
この「ラクエラ」には3つの大きな特徴があります。
それはデザイン・収納・くらしかたにあります。
まず、デザインですが、「家具のようなキッチン」をコンセプトとして造られているだけに、シンプルでありながら洗練されたデザインで、選べるカラーも多彩です。
そして収納は調味料ボトルや調理家電などもラクラク入るトール足元収納がついており、使い勝手もイイとの評判です。
最後にくらしかたですが、簡単にいうとレイアウト対応力に優れているので、オープン対面キッチンから小間口キッチンまでと、いろいろな場所やくらしかたにも対応することが出来ます。
一番の売れ筋ということは、当然ながら多くの方に選ばれているということで、選ばれるからにはそれなりの理由があるものです。
ですが、なかなか文章や写真だけでは伝わり難いと思うので、興味が少しでもある方は是非ショールームまで足を運ばれてみてはいかがですか。
よろしければ、ご一緒にご案内させていただきますよ。
 

某工場・事務所外装改修

2009年9月28日

210928-1.jpg
先日より、平野区加美北で電機部品製造工場の事務所棟外壁改修工事をさせて頂いております。当初、オーナー様からお見積りのご依頼を頂き、現地調査をさせてもらいましたところ、外壁ALC版の幅1800開口サッシ窓の上下がかなりひどくクラック(ひび割れ)が発生しておりました。内部を調べましたら、通常されていて然るべき開口補強がされておりません。したがって、地震時などに開口部廻りのALC版がかなり大きく動き、版の連結部で特にひどいクラック発生が起きていたようです。早速、オーナー様にお伝えしましたところ、その補強工事も見積りに入れてくださいとの事。当社としましては、この度初めてお付き合いさせて頂くオーナー様ですが、ただ単に外壁の吹付塗装をすれば良いでは済ましたくありません。今後、クラックが発生しない様にキチッと補強工事をした上で、外壁の全面吹付塗装をしたいところです。当社にご注文を頂きハリキッて工事をさせてもらいました。しかし、なんでもそうですが、工事の途中で並行して作業すれば何も問題ない工事でも、後からの作業となると何かと大変です。でも、合計16箇所の補強工事を無事終了させることが出来ました。
210928-3.jpg
 この後は、ひび割れ箇所の補修工事です。外部足場に乗って全面チェック。見落としなく、すべてのクラックにマーカーでチェックを入れて行き、ひび割れ剥離箇所の除去、樹脂モルタル充填作業を行いました。ひび割れ補修が終わった後、サッシ廻りのコーキング除去・打ち替え、ALC版間の増し打コーキングを行い、外壁全体は弾性塗料による全面塗装です。下地処理を入念に行い、中塗り・上塗りと塗装工程は進みます。これで外壁からの雨水の浸入は完全に防げます。
210928-2.jpg
足場撤去後の出来上がりは後日お見せいたします。
お楽しみに。

 

 

 

 

ようやく・・・

2009年9月27日
210927-2.jpg先月お引渡しした新築邸で工事中からずっと悩んでいた花壇部分の仕上げがようやく決まり、先日施工してきました。
石を張る前はコンクリートの打ちっぱなし仕上げにしていました。
しかし、坂を上がってきた正面にちょうど花壇部分が見えるので、ここの仕上げは工事中からずっと思案してきました。
お客様もインターネットを見たり、当社も多くのサンプルを取ってきたりと・・・
それでも新築工事期間中には決まらず、引渡し後も探していましたが、最後はシンプルな石貼りになりました。

"いい家の本" 宮脇 檀

2009年9月25日

210925.jpg

今年から速読を始めた私は、さくさくと隙間時間に本を読むようになりました。

かれこれ10年程前に購入した本なんですが、再読してみて改めてとてもいい本なのでご紹介します。
筆者は、もう故人なのですが、住宅設計においては有名な建築家です。離婚されて娘さんと一緒に生活されたせいか、家事や育児を実生活で体験されておられ、きめ細かく設計する意味が書かれています。
また、筆者は男性なのですが、書斎についての有無が書かれています。

1.日本の男達は書斎を必要とするほど本をよんでいない
2.日本の男達は、自分だけの空間に何時間も閉じこもっていられるほど
                                       強くない
3.けれども、男たちは、自分の空間を欲しがる、または必要である
と書かれています。

設計をする際に書斎をいれる事が多いのですが、こんな風に考えるとプランする事が楽しくなります。
そういえば・・・・我が家も書斎なるものがありますが、上記3項目あたっていますね。

10年という時間で生活スタイルは変化したかもしれません。

けれども住宅設計の基本は変わらないのでないかなと思います。

 

浴室パネル施工工法

2009年9月24日

今回は、先日施工した在来の浴室改修工事をご紹介させて頂きます。当初、お施主様からの
要望が『今、使っている浴室は壁と床がタイル貼りで目地に汚れが溜まりやすくお掃除が大変
なのでユニットバスに交換してほしい』との事でした。
そこで下見調査をさせて頂いたのですが現況の浴室の大きさでユニットバスに交換しようとすれば、
浴室の大きさが『かなり小さくなる事』がわかりました。
『これはユニットバスには規格された寸法があり大きさが決まっているからです。』
その事をお施主様にお伝えすると『浴室が小さくなるのは困る』と言われましたので、、、、、そこで
提案としまして、現況の浴室を利用した改修工法を進めさせて頂きました。
どのような工法かと言いますと、現況の浴室の壁タイル上にはパネルを貼り、床タイルの上には
シートを貼っていくという簡単な工法です。
『壁パネル・床シートには防カビ抗菌加工』がされていますので、汚れがつきにくくお掃除もラク
なります。浴室の『大きさも今とあまり変わらず』まさにお施主様の要望にあって施工といえるでしょう。
また壁パネル・床シートの色や柄なども豊富に種類があり自由に選択出来ますので、ユニットバスにも
見た目が劣らない仕上がりになります。
皆様も浴室を改修する際には、一つの工法として一度ご検討されてみては如何でしょうか。

210924-2.jpg
210924-1.jpg
  左の写真が現況の浴室です。それが
  パネル・シートを貼ることにより、、、、

  こんなに綺麗に仕上がります(^ー^)
  
 
  



 



フローリング

2009年9月22日
210922.jpg
今改装中のマンションですが、連休のため工事をお休みさせて頂きます。
それで今日は連休前に貼ったフローリングのことをお話致します。
写真にあるこのフローリングは防音フロアと呼ばれるもので、通常のフローリングパネルの裏にクッション材がついており、そのクッション材が音や衝撃を緩和し、防音効果を発揮するものです。
ここ数年で多くのマンションが、フローリングを直貼する場合、防音性能がL45以上のフローリング材でないと管理組合からの承認が下り難くなっています。
もちろん今回貼らして頂いたこの防音フロアも防音性能がL45以上のものです。
マンションなどの場合、このような防音フロアを貼ることによって、下に住む人を意識せずにすみ、かつ、音などによる迷惑をかけ難いということは、良好な隣人関係を育む面からもイイものですよね。
 

変身前

2009年9月21日

天王寺区筆ヶ崎町で、以前、健康ヘルスセンターだった土地・建物を当社が取得し、8月初旬からその建物の解体工事をおこなっております。鉄骨4階建で延べ面積344坪の建物でした。上物はもう無くなりまして、今現在は基礎の撤去作業を行っております。

210921-2.jpg
建築機械も随分進歩しまして、大きなコンクリートの塊も見る見るうちに壊されていきます。基礎杭の頭部も地中深くアームを伸ばしてカットして行きます。以前は多くの方々が利用された建物だったのでしょうが、いまはご覧の状態です。建物は永久ではありませんから、いつかは取り壊されて生まれ変わります。しかし、造る立場の者から見ると何か物悲しいのも事実です。解体終了後は一先ず駐車場に整備してしばらくは休憩してもらいましょう。近い将来、又、新しい建物に変身するのを楽しみに---。
 
210921-4.jpg
場所は大阪赤十字病院の正面入口から少し西側へ行ったところです。駐車場が完成すればどうぞご利用下さい。(恵幸パークです)

 

打ち合わせルーム

2009年9月19日
210919-1.jpg
今日は当社の打ち合わせルームの様子をご紹介。
当社の入口を入ると左手にあるのが打ち合わせルームです。不動産の打ち合わせや建築の打ち合わせを行なうスペースです。建築の打ち合わせは主に、当社・お施主様宅・現場の3つの場所のいづれかで行なうことがほとんどです。(ショールームなどへ行くこともあります)
 
打ち合わせ初期の段階では、色々なサンプルやカタログ、施工事例などをお見せすることが多いので、当社打ち合わせスペースを多く利用します。210919-2.jpg当社にはカタログだけではなく、打ち合わせスペース背面に今までの施工事例を展示しております。新しく家を建てられる方にとって一番の勉強材料は今までの施工事例だと思います。
サンプルで見てもイメージが湧かない材料でも、これを使えばこんな感じになりま、と施工写真をお見せすれば一目瞭然。
またホームページの作品紹介にも施工事例を掲載しておりますので、是非一度ご覧下さい。
近日中に新しい作品を掲載予定です。

只今作成中です。頑張ります。

"頭のよい子が育つ家"

2009年9月18日

210918.jpg
私は今年から、月2回"速読セミナー"に通っております。日々、仕事に追われて本が全く読めずにいたのですが、最近速読効果なのか隙間時間にサクサク読めるようになりました。そこで、建築の本の中から面白かった書籍をご紹介致します!!
"頭のよい子が育つ家"なんともいいタイトルでしょ。
子育て中の方やこれから家を建てたい、リフォームしたい方に是非読んで欲しい一冊です。
内容は、いたってシンプルです。成績のよい子は、子供部屋で勉強せず、リビングやダイニングのテーブル、和室のちゃぶ台でするそうです。
家族の和を大切にする間取りや工夫が、家族のコミニケーションを良くし、幸せでいられ、それが結果的に勉強しやすい環境をうむというものなんです。
実際私も子育て真っ最中なので、とても共感するところが多かったです。
また仕事にも、もっともっと積極的に活かせるようにしていきたいと思いました。

機会があったら是非手にとってみてください!!
 

見積り

2009年9月17日

皆さん、、、こんにちは(^@^)/本日は会社にて戸建改装工事の見積りを作成しています。
そこで見積りについて自分自身が感じる事、思う事を書こうと思います。
最近のお客様は2社・3社など合い見積りを取られる方が多いです。見積りでまず初めに、
お客様が見るところが見積り金額の総合計です。総合計金額がどちらのほうが安いか高いかを
確認されます。総合計金額も重要だと思いますが、それだけで判断されては良くないと思います。
見積り書で一番見て頂きたいのは『工事明細書の内容』です。明細書に書かれている内容が
要望した内容通りになっているのか、それに対しての工事が全て含まれているのか、明細書の
工事内容が理解出来るかが重要になってくると思いますし、他社の見積りと『比較検討』する時に
見て頂きたいとこです。

自分自身が見積り書を作成するにあたって常に心がけている事は、見積り金額の『純粋価値』
お客様が見積り書を何度見直しても理解出来る『明細書の書き方・伝え方』など、お客様が
納得出来るような見積り書を作成出来るように常に考えて取組んでいます。

210917-1.jpg
工事内容を言葉で説明する以外に
お客様にお伝え出来るのは
『見積り書』だけですからね(^▽^@)

只今、見積り書作成中・・・・                   

 

 

 

 

 

 

 

 


    

ユニットバス組立

2009年9月15日
210915.jpg
先日着工させて頂いたマンションリフォームの続報です。
本日ついにユニットバスの組立をしました。以前のユニットバスは少し狭い縦横1.1m×1.6mサイズでしたが、今回のユニットバスは一回り大きい1.2m×1.6mサイズのものを入れさせて頂きました。
たかだか横幅が10cm大きいだけと考えてしまうかもしれませんが、この10cmがお風呂に入ったときの感覚では大きな違いになります。
また今回は壁を薄くするなど、シビアに寸法設定させて頂いた結果、お風呂に隣接している洗面室も以前より少し大きくすることができ、それによってお客様のご要望通りにドラム式洗濯機を置くスペースを確保することが出来ました。
明日からはフローリングも張り始めるので、これからドンドン変わっていく様子を機会があるごとに報告させて頂きます。
 

早期発見+早期対応=長期快適住宅

2009年9月14日

210914-2.jpg
今日は、今空き家ですがリフォームの案件がでましたのでその物件下見に行って参りました。2階の和室の北面の壁が、雨漏りによって土壁がズリ下がっている状態で、大変な状況でした。調べたところ、古い建物ですから屋根瓦にズレが生じており、特に北面端部ケラバの瓦からの雨水浸入が原因でしょう。袖瓦でない為、瓦と屋根野地の隙間ができ、その隙間から雨水が浸入し、天井に落ちた水が横の壁に回って1階の天井まて達していました。

 
210914-3.jpg
長期に渡ってこの状態が続いていた為、2階梁の腐食も見うけられます。構造材の取替・補強はさけられません。費用もUPします。もし、これが普段お住みの建物なら当然こんな状態には至らないでしょう。もし、お時間がある時に、今一度ご自宅のチェックをされたら如何でしょうか。思わぬところで悪い変化が出ているかもしれません。当然、我々にご相談いただければすぐに点検させて頂きます。早期発見+早期対応が、いつまでも快適で長く住まえる住宅の一番のポイントです。

現場は下見から

2009年9月12日
210912.jpg
今日は、賃貸マンションの1階をテナントに改修できないかというご依頼を受け、現場を下見に行ってきました。
新築にしてもリフォームにしても、まず現場を下見するところから建築の仕事は始まります。
現場を下見、採寸してそれから図面を作成し提案していきます。
ということは、下見をしっかりしていないと、正しい図面が書けず提案図面の通り工事できないことになることもあります。
その為、現場によっては下見を何回もするときがあります。まずは自分で下見をし、次に当社の職人を連れて下見に行きます。

しっかりとした下見ができて初めてしっかりとした提案が出来ると思います。
下見だけでもして欲しいという方は是非ご連絡下さい。いいご提案ができると思います。

最近は朝晩が涼しくなり、今日は雨です。そろそろ秋に突入かな?
気温の変化で体調を壊さないように気をつけましょう。。

建築家住宅展のお知らせ

2009年9月11日

210911.jpg
今月の連休の 9月22日(火)23日(水)に天王寺ミオ(12F)ミオホールにて  「建築家住宅展」が開かれます。
当社も協賛しているこのイベントは、このブログでもう何度も紹介しております。
当日は、10人の建築家が会場にて建築の相談に乗ってくれます。家造りやリフォームなど考えてはいるけど・・・何から始めていいのやら???と思われている方は多いはずです。

私達のように 『まちの工務店』 とは一味違って、各建築家のこだわりぬいたデザインは、一見の価値ありです。
それに当社は何棟もこのイベントで建築家との家造りをさせて頂いており、個性的な建築家の設計を施工できる能力もかねそろえております ! !

 『まちの工務店』
の枠にとらわれず、設計から施工まで・・・かたや・・・どんな小さな工事でも・・・水漏れや外壁塗装等々、色んな面で皆様のお役にたてればと思います ! !

是非のぞいて見てくださいね。

ヤマハのポイントリフォーム いいとこどり

2009年9月10日
 
昨日、当社取引先から以前お話があったヤマハのポイントリフォーム いいとこどりの
研修会に行ってきました。どのような内容かと言いますと、今お使いの開き扉仕様の
システムキッチンをそのまま活用して天板だけを取替えするという企画です。
ヤマハの天板の特長としましては、一体成形のアクリル系人造大理石で他メーカー
とは違い自社工場で製作しており、汚れなどがしみこみにくく・キズなどにも強く・耐熱性
が優れています。
『キッチンで一番困るお悩みを解決してくれる天板です。』\(^-^)/
他にも特長としましてはシンクカラーが6色ありお好きな色を選べます。

このポイントリフォーム いいとこどりの一番良いところは今お使いの開き仕様のシステム
キッチンが他メーカーでも取替えする事が出来て(※但し、キッチンの材質・形状によっては
取替え出来ない場合もあります。)工事も基本的には半日程度で完了しますので、その日
にはキッチンが使用出来る事です。

今までに出来そうで出来なかったヤマハの画期的な天板取替えを、是非この機会にして
みては如何でしょうか(^-^)
ご検討してみたい方は、当社担当の倭(ヤマト)までご連絡ください。

 
210910-2.jpg
210910-3.jpg
上記、写真は京都のヤマハショールームにて実物を使って研修を行っているところです。


<自身の感想>
ヤマハの天板の良さは以前から知っていましたが、実際に説明を聞きながら見て・触れて
感じた事はお客様にも工事負担が少なく、1㎜単位でオーダー対応する事が出来るので
天板を取替えするだけで自分が思うようなキッチンスタイルが出来るのではと思いました。

マンションリフォーム

2009年9月 8日

今日からマンションのリフォーム工事を着工しました。
間取か変わりませんが、和室から洋室への変更やお風呂・キッチンの取替そしてカーペットからフローリングの張替などあるので、少し大掛かりなリフォーム工事になります。
工事の完了は9月末から10月初旬の予定で、今日から明日は解体作業だけですが、今からどのように変わるか僕自身楽しみです。

赤ちゃん誕生

2009年9月 7日

210907-1.jpg
 当社が施工し、引渡し後約5年になるお宅があります。先日、このオーナー様からご連絡を頂き、訪問して参りました。
このお宅は、オーナー様が昔からいくつかお持ちの貸家を2戸同時に全面改装をさせて頂きました。息子様お二人にそれぞれ住まわすお考えで工事を決断され、当社が施工させて頂きました。出来上がった建物は改装前とはガラリと変わり、モダンですっきりとした家になりました。
 竣工時は、この二人の息子様はまだ独身でしたが、その後、お二人ともすぐにご結婚され、この春に待望の赤ちゃんが誕生いたしました。かわいい元気な男の子です。オーナー様はこのかわいいお孫さんにもうメロメロです。
 そこで今回のご依頼ですが、この大切なお孫さんが落ちてケガをしない様に、ラセン階段の外周手摺、ロフトの手摺、バルコニーの吹抜手摺に落下防止のネットを張って欲しいとの事でした。本日、すべての手摺にネットを張らせて頂き、一先ずご安心なされたところです。
210907-2.jpg
 住宅は5年もたつと住まい方も色々と変化してきます。今回の様な工事も必要になるケースもあります。この後、この赤ちゃんが大きく立派に成長されたら、このネットも必要でなくなり取り外す事になるかもしれません。その時は、完成当時の姿にまた戻る訳です。でも、もしかしたら弟や妹ができて、もっと長い期間張っているかもしれませんねえ。
210907-3.jpg
 当社と、このオーナー様とはこの工事をご縁に、以後も可愛がってもらってます。マンションもお持ちで、マンションリフォーム工事もいくつも頂きました。1つの工事が終わってもいつまでもお付き合いをさせて頂けることは何よりもありがたい事です。当社としては、これからも迅速な対応で長くお付き合いをさせて頂きたいと願っております。

 

 

 

 

小さなことでも・・

2009年9月 5日
210905.jpg
今日の午前中にお客様から電話を頂きました。
「浴槽のポップアップ(お湯を抜く栓)の調子が悪い」、とのこと。朝一番の現場が終わったところでしたので、すぐにお住まいのマンションへお伺いしました。
浴槽は海外のコーラ社というところのものでしたので、一般の水道業者では修理が難しいとのことでした。
しかし、すぐにコーラ社のメンテナンスを行なっている業者に連絡をとってもらい。来週始めには修理できることになりました。

このような小さなことでも気軽にお電話頂ける、そんなお客様が当社にはたくさんおられます。
「街の小さな大工さん」 「何かあったらとりあえずここに言えばいい」 そんな関係をもっとたくさんのお客様と築けたらいいと思っております。

写真は修理が必要なポップアップ。 う~~ん 地味な写真になってしまった。
これが少ししか上に上がってこないので、お湯が流れにくいという修理依頼でした。
写真じゃ分からないよね。

部長って!!

2009年9月 4日

210904.jpg

いつも現場の事ばかりを書いているので、本日は、建設事業部部長の紹介をします。建築にたずさわって34年!!の筋金入りの経験と知識を持ち、
結婚した年に一発で一級建築士を取得されています。
この年代の現場監督・一級建築士を想像すると、とっても恐い??話しにくいとか・・イメージされる方も多いかもしれませんが、うちの部長には全くそんな所を感じません。
いつもとぉーっても忙しく、見積提出期限前とか、現場竣工前など、寝る時間ほとんどない!!って時もあります。
それでも毎日膨大な仕事をサクサクとこなしています。めったと声を荒げたり怒ったりする所を見た事がありません。
どんなにしんどい時も、イライラするような時も、いつもと変わらずに仕事をされています。
「俺の背中を見て学んでくれ。」みたいな・・・ちょっといやいや・・かなり古い時代かもしれませんが、小さい事を言わず何でも自分でしてしまいます。
いつもお客様の立場にたって物事を考えておられます。
まじめすぎて面白みにかける??かって・・・いえいえそんな事はなく、飲み会なんか行くととっても話題も豊富で会話もはずみます。
子供も大好きで、先日の現場ではお施主様の2歳の子供は、遊んでる最中に急に壁にスケールをあてて部長のまねをする
そうです。
写真は、陶芸をされているお客様にプレゼントされたコーヒーカップに私が愛情を込めて毎日いれてるコーヒーを片手に見積をサクサクこなしている姿です。

建物を守る防水

2009年9月 3日
7月の中頃から着工していた工場の外部廻りの改修工事がようやく完了します。
当初、工事は外壁と屋根の塗装だけでしたが、お施主様より以前から雨漏りが
酷いことをお聞きし調査を行った結果、屋上の防水が原因と考えられました。
建物で一番怖いのが雨漏りなどによる水の被害です。一度建物内に入ると、
そこに水の浸入道が出来て被害が拡大していきます。そこで今回は色々な防水
工法がある中でサンタックIBシート防水を採用しました。この工法の一つの特徴
としましては、既存防水層を残したまま施工が出来ますので工事中の雨などの
心配がいらなく、工期も通常の防水に比べて短縮出来ますので公共施設などにも
よく採用されています。

写真は屋上の防水シートを貼っているところです。フェンス下の作業がしにくいところ
を当社防水業者の山本さんが猛暑の中頑張って貼っています。


210903-1.jpg
210903-2.jpg
雨漏りなのでお悩みでしたら当社までご相談ください。信頼できる業者と防水で皆様
の財産である建物を私達がお守りします。

進入路改修

2009年9月 1日

以前から工事させて頂いていた現場が完了しました。
その工事とは玄関門扉から自宅までの通路改修で、左側の写真を見て頂いても判るように、木が生い茂り、普通に通るのさえ困難な状況で、当然近隣の方々からも落ち葉などの苦情が出ていたこともあり、今回の工事となりました。
木はほぼ全て撤去して、門扉を移設し、コンクリートを敷くことで清潔感のあるスッキリとしたものに仕上げることが出来ました。
お客様も「これで車も停められる」と大変満足して頂けました。

 
 
210901-1.jpg
210901-2.jpg