リフォーム・新築・オール電化住宅を大阪、阿倍野、住吉でお探しの方は恵幸商事建設事業部まで

恵幸商事 建設事業部 恵幸の快適ライフ 株式会社恵幸商事

上棟式

2010年2月28日
220228.jpg
新築M様邸の上棟式を昨日行ないました。
工事の無事と安全を祈願して御幣に向かって礼をしている写真です。
骨組みの出来上がった家を見て、基礎の状態を見たときは狭いと感じたけれど、こうやって見ると十分の広さだねとおっしゃっておられました。次は2回目の中間検査が控えています。柱や梁を接合している金物の検査になります。これは構造図に全て指示してあり、指示通りに取り付けられているかひとつひとつ確認します。
これに合格して初めてなかのボードを貼っていくことが出来ます。
順調に次のステップへ進めるよう気を引き締めて頑張ります。

M様にブログを見ているので工事の状況が分かるねっておっしゃって頂き、本当に嬉しかったです。これからも進捗状況を掲載していきたいです。

ありがとう

2010年2月26日

2月も早いものでもう終わり近づき気候もだんだん暖かくなってきました。
この時期に私が悩まされるのが花粉症です。
もう既にくしゃみと鼻水が止まらなくなってきてます。ほんと辛い~~

私が担当している現場といいますと、2月の初旬から着工しているマンション
の改装工事がようやく完成に近づいてきました。以前も工事でお世話になった
グループホームさんからの依頼で介護支援センターとして使用出来るように
ご入居される方々のお部屋を新しく作っています。
昨日、ご入居される方々が現場のほうに来られ、自分達の新しいお部屋を見られ
大変喜んでいました。中にはもう既に自分のお部屋まで決めていた方もいらっしゃ
いました。(笑)
ご入居される方々の満足そうな笑顔が見られて、「ありがとう」と言って頂き私達も
やりがいを感じましたし、大変満足させて頂きました。

220226-1.jpg
220226-2.jpg




上棟

2010年2月24日

220224.jpg
現在着工中の新築現場で、今日棟上をしました。
柱や梁などの材料を運び上げる際に一苦労ありましたが、天候にも恵まれましたし、材料は、すでにプレカット(工場で加工された状態)されているので、作業は比較的スムーズに進みました。
今まで図面上にしかなかったものが、現実に組み上がるのは、何度経験しても感慨深いものがあります。
今週末には上棟式も予定しており、これも1つの節目として、さらに一層気を引き締めて工事を進めていこうと思います。

中間検査 

2010年2月23日
設計の上田です。今日は、朝9時から阿倍野区T様宅の 役所検査と瑕疵担保の検査を連続して受けました。
金物や柱の位置や合板の厚み、釘のピッチ等を細かくチェックされましたよ。22223.jpg
床の釘のピッチが少し長く(5センチ程)飛んでいる数箇所を指摘されましたが、問題なく合格しました。すぐに待機してもらっていた大工さんに数箇所、追加の釘を打ち込んでもらいました。

現場は、いつも整理整頓を心がけています。作業の内容にもよりますが、とても綺麗に整理されていたので検査もとても円滑に行なわれました。木造の金物や耐力壁の入れる位置などは、数がたくさんあるので少し、ややこしいのです。
現場監督の倭君は、大工さんが見やすい様に構造図を各種類ごとに色分けしたものを各階に張り、全ての階をチェック。漏れなどを指示。
当たり前の事なんですが・・・細やかな事で現場の作業は、左右されます。
さっ完了まで気を抜かずに頑張ります!!
 

もうすぐ上棟

2010年2月20日

220220.jpg
現在工事中の新築M様邸は月曜日に基礎工事が完了し、水曜日にいよいよ上棟します。
基礎工事中は雨に悩まされっぱなしの現場でしたが、ようやく上棟です。水曜日の夕方には家の形が分かるところまで出来上がっています。まだ骨組みの状態ですけどね。
骨組みが出来上がるとお施主様も部屋の広さや、間取りをイメージしてもらいやすくなると思います。
皆さん基礎の段階でご覧になると、私の家はこんなに狭いの?とおっしゃられますが、実際に仕上がっていくと思ったよりも広いね、とおっしゃられます。
M様が早くイメージしていただけるように、工事を順調に進めたいと思います。

本日はM様邸現場担当の西池でした。水曜日晴れますように!!

配筋検査

2010年2月18日

220218.jpg
昨日、今着工している新築現場の基礎配筋検査を行いました。
コンクリートで固めてしまうと、見えなくなってしまうので、その前に鉄筋の太さや配置が図面どおりに組まれているかをチェックします。
もちろん私達も確認はしますが、第3者機関の建築検査機構などに依頼して、確認してもらい、承認して頂かないと、工事を進めることも出来ません。
工事を進めていく上で、何度も今回のような第3者機関による検査を受け、その検査にパスすることで、安全な住宅だということの証明にもなるので、当然のことながら1つ1つの検査を慎重に確実に進めていこうと思っています。

祝 上棟 !

2010年2月15日

220215.jpg
先日、T様のはからいで上棟式が執り行なわれました。棟が建ちあがった事を祝うのですが、これから事故なき様、無事に工事が最後まで行く事にも願いを込めて皆で乾杯します。(お施主様にご用意頂いたお茶ですよ! お酒じゃないです!)
この上棟式とは何度も経験致しましたが、本当にいいものです。T様の家にかける思いが少しずつ形になっていくので、私達もとても嬉しかったです。
これから、金物・構造用合板等を張って行き又、検査をうけます。一つ一つを大事に、これからも気を引き締めて『夢をかなえる家づくり』をしていきますね。

余談ですが、T様の息子さんと我が娘の保育園が一緒だった事が判明!! 
園庭が広くて楽しかった! と教えてもらいました。
大きくなってもあの保育園よかったなんて思える様な保育園なんだと・・・全く関係ないの話なのですが・・・とっても嬉しかった上田でした~!!

エコポイント研修会

2010年2月13日

昨日、トステムの南港ショールムにて住宅版エコポイント制度の研修会に
行ってきました。
皆様ももうご存知かと思いますが、エコ住宅の新築工事やリフォーム工事を
施工するにあたり指定された条件や仕様を満たせば新築では一戸あたり
30万ポイント、リフォームでは上限30万ポイントまでもらえるという制度です。
新築工事では平成21年12月8日~平成22年12月31日着工分
リフォーム工事では平成22年1月1日~平成22年12月31日着手分
(ポイント対象工事を含む工事全体の着手)がポイント対象になり
申請は3月スタートの予定です。
さらにリフォーム工事では指定された内容のバリアフリー改修工事を同時に行う
と追加でポイントが加算されます。

まだ始まったばかりなので制度が未確定なとこもありますが、お客様にとって
エコポイント制度を有利に活用して頂けるように、私達もしっかり勉強し提案
出来るよう努めていく次第です。

H220213-1.jpg
H220213-2.jpg












上記、写真はトステムショールームにてエコポイント制度対象商品の説明を受けているところです。

2010年2月10日
220210.jpg
ここしばらく、雨が降ったり止んだりする、微妙な天気が続いているので、若干工事にも影響が出ています。
今日は新築現場の基礎の立ち上がりのコンクリートの打設を行う予定でしたが、結局天気がよくないので、延期することになりました。
明日、明後日も天気予報では、あまり天候が回復しなさそうなので、しばらくは空との「にらめっこ」になりそうです。
やはり外部での作業は天気が大きく影響してくるものなのだと、改めて痛感しました。

JALマナー研修会

2010年2月 8日
220208.jpg
設計の上田です。

今日は、朝から工営所に調査に行き、昼からマナー研修を受講してきました。マナー講習なんて、新入社員研修の時以来なのですが、参加されておられた方も新入社員という感じではなかったです。

講師の方は、JALなので、元キャビンアテンダント。立ち振る舞いもエレガントで、マナーについて色々教えて頂きました。マナーは、感性。立礼を身に付けると信頼を得ます。それは、自信につながるとおしゃっていました。

なるほど・・・。ちょっとした工夫で自分の立ち姿が美しく見え、言葉使いにも一言そえるだけで、好感をもって頂けます。お客様と接する時に尚一層気をつけていきたいです。写真は、営業の石丸君です。日頃お客様と接する事が多いので真剣に聞いていました。

基礎工事

2010年2月 6日

220206.jpg
新築のM様邸は基礎工事を行っております。
基礎工事といっても、いきなり基礎コンクリートを打つわけではありません。まず、基礎鉄筋を水平に組む為に、地盤を掘削し、捨てコンクリートを打ちます。この捨てコンクリートの上に基礎鉄筋を組み、型枠を組みそしてコンクリートを流し込みます。
M様邸は地盤に高低差があるため、基礎を2工程に分けて打ちます。地盤の低いほうの基礎は基礎の高さが高い為、まずこちらの基礎を仕上げます。そして土を埋め戻し地盤の高いほうの基礎を仕上げます。
基礎工事が完了するといよいよ上棟です。
基礎工事は雨に左右されやすいので天気には要注意です。

コンクリート打設

2010年2月 2日
220202.jpg
先日紹介させて頂いた新築現場では、今日基礎のコンクリートの打設を行いました。
今日は、昨日の雨が影響しているのか、一段と風が冷たかったですが、天気はよかったので、工事を進めることが出来ました。
出来るだけ通行の邪魔にならないように、現場の前にポンプ車(コンクリートを送り出す車)を設置して、次々と現場に到着するミキサー車(工場からコンクリートを運ぶ車)からコンクリートを型枠内に流し込み、バイブレーションでコンクリートに空洞が出来ないように、注意しながら作業をしました。
なにごともなく工事が順調に進めることが出来ていいますが、ここで気を緩めることなく、さらに気を引き締めて工事を進めていこうと思います。

配筋検査 

2010年2月 1日
220201.jpg

早いもので2月になりました。先日、阿倍野区のT様宅の配筋検査を受けました。

これは、確認申請に基ずいて行なわれる役所の中間検査と、それとは別に瑕疵担保保険を受ける為の検査です。

配筋されている鉄筋の径や、ピッチ、本数等を細かくチェックしてもらいます。
また、不備があったらその場でなおせる様に基礎工事を担当してもらっている業者の社長も立会いしてくれました。両方とも検査不備なく合格証を頂きました

最近は、書類や図面等の提出書類も増えており事務作業と言えど煩雑になって来ています。(これが・・・意外とややこしいのです・・・・。)

スムーズに検査に合格するのは基本なんですが、現場監理も綿密に行います。そして仕事が丁寧な職人さん達のおかげで、より工事も円滑に進みます。

また、中間検査2回目も受けますので又ご紹介しますね。