リフォーム・新築・オール電化住宅を大阪、阿倍野、住吉でお探しの方は恵幸商事建設事業部まで

恵幸商事 建設事業部 恵幸の快適ライフ 株式会社恵幸商事

断熱材

2010年6月30日

ちょっと持っててと・・・大工さんにお願いして持ってもらいました。
黒板に書いて工事220630.jpgの状況写真を記録していきます。
改装工事中の現場なのですが、昔ながらの土壁だった所に、断熱材を敷き詰めていきます。これは、住宅エコポイントの対象にもなっている工事なので決まった㎥数を満たせばとってもお得な工事なのです。今まで、冬が寒いとおっしゃっていたお施主様も安心して冬場をしのげるように、床暖房も設置しました。完成は来月なので、とっても楽しみにしておられます。

ニコッとこちらを見てくれたら良かったのですが・・・「恥ずかしい」と言って拒否したこの道30年のベテラン大工さんです。

 

配筋工事

2010年6月29日

220629.jpg
新築工事は本日配筋の施工を行ないました。この配筋というのは建築確認申請時に提出する書類に細かく記載されており、その通りに鉄筋を施工しているかを中間検査にて検査します。
鉄筋の本数・径・間隔などすべて現場にて検査し、径の間違いや間隔のずれなどがあった場合は手直しをして再度検査を受けるまでは次の工程に進むことはできません。
もちろん中間検査までに当社でもしっかりと検査をしますので、中間検査で不合格になるということはまずありません。
今日は蒸し暑い日でしたので、現場でチェックしているだけでも、汗だくになりました。
今晩はワールドカップのサッカーを見なければいけないので、体力を温存しておかなければ・・・

基礎工事

2010年6月26日
220626.jpg
先日地鎮祭をした新築の基礎工事が始まっております。
本日は掘削が終了し、砕石を敷き、捨てコンクリートの打設を行ないました。捨てコンクリートとは以前にもお話したように基礎墨を出したり、鉄筋を組んだりする作業をスムーズに進める為に地盤を一度コンクリートで固めてしまうことです。この捨てコンクリートが基礎の下に位置しますので、この建物の一番下になるわけです。
その為、地鎮祭でお祓いを受けた鎮め物をこの捨てコンクリートの下に敷き、埋めます。今後この鎮め物を見ることはありませんが、この土地をしっかりと守ってくれるはずです。
写真の真ん中の白いものが鎮め物です。

階段 取り付け中

2010年6月24日

220624.jpg

来月竣工の改装現場で、階段の取り付け中です。床を貼ってから施工します。段の幅や高さを計算し、取り付け作業もこの道40年近いベテラン大工さんがしてくれています。階段の取り付け作業の横では若い大工さんが、階段の取り付け方を見て覚えていきます。失敗がゆるされない作業なので、中々させてもらえないんですね。

もちろん、これから高齢になっても無理のない様に段の幅や高さ等にも配慮。昨日は作業中だったので、2階には上がらせてもらえませんでした。手摺子の納まりを大工さんと話ました。それが取り付くと、見た目ももっと良くなります。また、載せていきますので楽しみにしていて下さいね。

地鎮祭

2010年6月20日
220620.jpg
来週から着工します新築工事の地鎮祭を本日行ないました。
先週から梅雨入りし、天気が心配でしたがなんとか雨が降らずにほっと一安心です。
この土地は昨年当社で新築させて頂いたお客様の隣の土地になります。昨年の新築邸も私 西池 が担当させて頂きましたので、今回も私が担当することになりました。
地鎮祭で引き締めた気を最後まで持って、しっかりと工事に当たりたいと思います。
工事の進捗はこのブログでアップしていきますのでお楽しみに!

かんさい見聞録

2010年6月14日

220614.jpg
先日の帝塚山音楽祭での (株)恵幸商事イベント''親子木工教室"の様子がJ-COMの『かんさい見聞録』
で放送されます。
日程は6月16日から30日までの間です。
【時間帯】
  月曜日 10:15   17:15
  火曜日 13:00
  水曜日 13:00
  木曜日 12:14   20:45
  金曜日 10:15
  土曜日 14:15
  日曜日 21:30      【一部地域によって時間帯が変わります】

どんな風に編集されているか楽しみです。インタビューに答えているのは、当社の倭君です。
緊張してましたよ。 よかったら、見てくださいね。

   

連棟住宅の改装

2010年6月12日

220609.jpg
連棟住宅の改装工事も着々と進んでいます。先日外壁の下地を貼り終えました。2棟の改装なので間口も結構あります。
この中で、本日は大工さん、サイディング屋さん、電気屋さんユニットバス屋さんとひしめいていました。
外観もどんな感じになるか楽しみですね。
リフォーム工事なので、その場その場で決めないといけない事があります。職人さんと監督の意思疎通も大事なんです。
細かい納まりも決めないといけません。当社ではベテランの大工さんと長い付き合いで培われた信頼関係もあります。
日々変わる現場を現場監督と設計と現場の職人さん達と力を一つにしていい建物造りを目指しています。
急な変更でも現場は止まれません。今日も現場はすすんでいます。
もし良かったら、ご案内いたしますので、現場を一度見てみませんか。
きっと、新しい発見がありますよ。

マンション改装中

2010年6月11日
220611.jpg
現在改装中のマンションの写真です。
キッチンを撤去した状態で、来週火曜日にキッチンを据付ける予定です。
キッチンの交換では同じ場所にキッチンを据付ける場合でも、給水や排水の位置がキッチンの種類によって違う場合が多いので、解体後にそれらの配管を移設する工事が出てきます。またクロスやフローリングなど付属してくる工事が結構ありますので、一言でキッチン入れ替えといってもなかなか簡単にはできません。しかし、現在では天板のみの入れ替えなどもでてきて、キッチンを部分的に交換することが可能になってきています。
キッチンの改装について考えておられる方は一度当社にお声がけ下さい。

家具

2010年6月10日

220610.jpg
昨日、5月に引渡しを終えたばっかりのお客様のお宅へお伺いした時に、2階のリビングにフローリングとよく合うテーブルが置かれていました。
奥様にお聞きしたところ、この木は「この~木何の木気になる木」で有名なモンキーポッドという木を使った家具ということで、見ての通り一つの木を使って出来ています。
この家の床には杉の天然木を使ったフローリングを貼っており、その上に自然塗料のワトコオイルを塗っております。
そんな床にこの大きな年輪が違和感なく存在していました。ご夫婦がこだわっていた木の温かさを家具にも表現されておられました。
この家の作品紹介は、近日中にUPさせて頂きます。

階段造り替え

2010年6月 5日
220605.jpg
先日当社仲介事業部にて戸建の住宅をご購入頂いたお客様より、階段の勾配をもう少しゆるくするという工事を受けました。
現場を下見の結果、段数を1段増やせば上がり降りするのに十分な勾配が確保できると判断し、既設の階段を撤去することになりました。
今回のお宅では2階への上りきりの位置を変えず、1階のホールへ階段を延ばすことにしました。階段の工事というのは1階と2階のつながりを考えて、工事を計画しないといけないので各階の間取りが重要な項目になってきます。
今回は玄関ホールに余裕がありましたので、そのスペースを一部階段に取り込むことによって解決しました。しかし、間取りによってはなかなかスペースを確保できない場合もあります。
しかし、階段の形にもいろいろあり工夫次第では少しの間取り変更できれいに納まるケースも多くあります。長く住む家だから生活スタイルに合わせて変えていくのがこれからの住宅像だと思います。
「お子様が家を出られて余っている部屋を有効に活用したい」「今後のことを考えてバリアフリーに配慮したリフォームをしたい」

そんな時は是非当社にお声を掛けてください。必ずお役に立てると思います。