リフォーム・新築・オール電化住宅を大阪、阿倍野、住吉でお探しの方は恵幸商事建設事業部まで

恵幸商事 建設事業部 恵幸の快適ライフ 株式会社恵幸商事

進捗状況

2013年2月27日

私が担当している新築現場です。知合いの設計士さんの
ご自宅で木造3階建ての家が建ちます。
工事の進捗状況は基礎工事のほうがようやく完成し、今週末
から大工工事に取掛かって行きます。
まず初めに基礎と建物の骨組みを繋ぐ土台を敷いていきます。
土台は基礎の天端から突き出てるアンカーボルトで固定していき
ます。その数なんと約160本・・・・・
それだけで今回の建物の大きさが感じられると思います。

250301-1.jpg










土台敷き完了すれば引続き建物の骨組みを建ていきます。
来週の5日には上棟する予定です。
上棟すれば写真をまた載せるので楽しみにしてください。






近隣挨拶

2013年2月26日
250226.jpg
今度3月の頭から戸建の解体工事を着工させて頂きます。
古い大きな邸宅で、りっぱな庭もあるのですが、今回取り潰しさせて頂き、一度更地にさせて頂くことになりました。
その工事に伴い、やはり近隣の皆様に御理解して頂けるように直接お伺いさせて頂き、ご説明させて頂いています。
今回の工事に限らず、解体工事や外部廻りの工事など近隣の方に事前に挨拶に廻らさせて頂いておりますので、もしかしたら皆様の御宅にもご訪問させて頂くこともあるかもしれませんので、そのときは宜しくお願い致しますね。

捨て?均し?コンクリート

2013年2月25日

こんにちは~(^O^)

今日は捨てコンクリートについてのお話です。

昔、ゼネコンの所長さんに、
「コンクリートは捨てるものちゃう!」
と言われて、『均しコンクリート』と教えられたことがありましたが、
『捨てコンクリート』と呼ぶことの方が多いようです。

20130223.jpg





捨てコンクリートとは、
基礎を作る前に割栗石や砕石の上に
5cm程度の厚さで敷き均すコンクリートです。
構造上においては耐力的に影響しませんが、
これから行う、墨出し・配筋・型枠工事等の作業性や
施工精度を高めるために施工します。

今後も工事についてご紹介させて頂きますね!

マンション改修

2013年2月20日

以前から工事等で色々とお世話になっているオーナ様からご依頼があり
所有されているマンション共用部の改修工事を先週から行っています。
この工事でオーナー様がもっとも気にされていて改修を望んでいるのが
共用階段の踊り場部分に雨水が溜まらないようにする事です。
調査してみると既設の床のレベルが悪い為、雨が降込んだ時に雨水が
溜まってしまうようです。
そこで改修方法としまして、外部側に雨水の落し口を設けそこに雨水が
流れるよう床のレベルを再調整します。

250220-1.jpg

250220-2.jpg

本日は左官業者さんに床のレベル調整の下地処理を行ってもらいました。
下地工事が終われば塗装業者に床を塗って仕上げてもらい完了になります。

その他の塗装工事等は順調に進んでおり来週中には完了する予定です。



地鎮祭

2013年2月18日

250218.jpg
先日の日曜日に、新しく着工する新築工事の現場で、地鎮祭をしました。

朝の凍える中の地鎮祭でしたが、施主様にホッカイロを頂いて、心も体も温まりました。

地鎮祭とは建築・土木の工事に着手する前、土地の神を祝ってその工事の無事に済むことを祈る祭りのことで、神主様をお招きして滞りなく行う事が出来ました。

施主様やご家族の皆様、本当にこの度はおめでとうございます。

地縄張り

2013年2月15日

こんにちは!

今日は朝から雨が振ってあいにくのお天気でしたね。
現場は天気の影響で作業が左右されることが多いので、
この仕事をしていると、いつも天気予報が気になります。

さて、本日は地縄張りについてのご紹介です☆
地縄とは、建築工事をはじめるとき、敷地に建物の
位置を示すために張り巡らす縄のことです。

20130215.jpg

 











地縄を張ることで建物の広さや形がイメージしやすくなり、
隣地との空き寸法や駐車スペースの確認等を行いやすくなります。

この現場は、今度の日曜日に地鎮祭をさせて頂き
来週から工事着工予定です。
今後も工事の進捗をご紹介していきます!

配筋工事

2013年2月13日

250213-1.jpg
先週から取り掛かっている配筋工事が完了しました。
今日は午前中に建築検査機構に配筋検査をして
頂きました。
設計の先生、構造担当の先生にも立ち会って頂き
無事検査を終える事が出来きました。
明日は朝から基礎のベースコンクリートを打設します。
このまま順調に行けば今月末には上棟出来ると思います。





玄関扉修繕

2013年2月11日
250211-1.jpg

先日、当社近くのマンション一室の玄関扉の修繕をしました。
この玄関扉は鉄扉で、ストライプ状に模様が入っているのですが、その模様の一部がなくなってしまってる部分がありましたので、補修の専門業者に直してもらいました。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、上の写真のポスト口の横にあるストライプの柄が一部なくなっている部分が、下の写真では修繕されているのがわかりますでしょうか。

玄関扉だけでなく、フローリングやお部屋の扉などのキズなども、このような補修の専門業者がいますので、気になるところがありましたら、お声かけてくださいね。

 

 
250211-2.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

基礎工事

2013年2月 6日

                                                            今年に入り私250206-1.jpgが担当する新築現場です。

先日、地盤改良が終わり本日より基礎工事の掘削が始まりました。
朝方は雨が降っており地盤も柔らかくなっていたので、
工事の進捗が少し遅れましたが・・・
午前中に雨も止み、昼からは午前中の遅れを取り戻すべく業者さん
に頑張って頂き、何とか予定の半分まで掘削をすることが出来ました。

明日も引き続き残りの半分を掘削していきます。
順調に行けば今週末から鉄筋工事のほうに取り掛かれます。

工程に遅れが生じないよう しっかり管理し工事のほうを進めて行きます。

 

 250206-2.jpg


 

連棟切り離し

2013年2月 4日

20130204.jpg
帝塚山周辺には、連棟長屋の家が沢山あります。
当社では、そんな建物を切り離して解体し、建て替え、売却、駐車場等の相談の依頼をよく受けます。

一番気を使うところは、切り離した後の対応です。長屋ですので、切り離した建物は外壁がありません。
長屋と言えば、木造住宅で築年数も結構立つものがほとんどです。
連棟でつながっているから耐力があったり、断熱効果もあったりするので、切り離し後の壁の処理で悩む方が多いのです。

そこで、当社がお勧めする外壁材に金属サイディングをお勧めしています。
金属サイディングは、比較的に安価でありますが、不燃性能や断熱性能もあります。それに一般のサイディングと違って軽いので
切り離した連棟の長屋に負荷もかからず、施工もしやすいといった材料なのです。

こちらは、http://www.kmew.co.jp/shouhin/siding/haruichi/
メーカーの金属サイディングの説明です。色んなメーカーからでていますので参考にしてみてください。