大阪市のリフォーム・新築・オール電化住宅を大阪、阿倍野、住吉でお探しの方は恵幸商事建設事業部まで

    恵幸のおすすめプラン
    仕事の流れ  
    作品紹介
    会社概要  
    職人紹介  
    お問い合わせ  
    恵幸の建築日記  
    ホームへ戻る  


 
ホーム > 作品紹介 >m・コート
 
今回は設計を建築家ネットワーク「アーキソシエイツ」に所属の建築家の先生が行い、施工を恵幸商事建設事業部で行ったマンションリノベーションです。
築40年ぐらいの古い鉄骨造5階建ての賃貸マンションで、4・5階は数年前にリフォーム工事を行い計10戸が現在入居中です。1〜3階は日当たりが悪い従来からある一般的な間取りのワンルームマンションでした。この工事は4・5階の入居者様はそのまま住みながら1〜3階をスケルトンにし、リノベーションする工事でした。
着工から約1か月間は連日解体工事でかなりの騒音・振動・粉じんを発しながらの作業となりましたが、協力的・好意的なご入居者様のおかげでスムーズに工事を進めることができました。
このリノベーション工事で、1フロア5戸を4戸に間取り変更を行い以前より少しスペースを広げながら、デザインは白基調の非常にすっきりとモダンなマンションに生まれ変わりました。外観正面デザインとは全く違うファサードに生まれ変わりました。
1〜3階へは新しい専用エントランスの自動ドアから入るようになりましたので、セキュリティーも万全です。暗かった部屋はすべて日差しの入る明るいお部屋になりました。また住設機器もモダンデザインのものを採用したので、女性にも喜ばれると思います。
では、「m・コート」とマンションの名前もリフレッシュした賃貸マンションをご覧ください。
   
     
■写真をクリックすると大きくなります。
 
今回改装した1〜3階へは正面の既存階段を使わず、新たに建物中間部に設けた鉄骨階段を使用します。一見別の階段を設置すると面積の無駄のように思われますが、階段を中央に持ってくることによって各戸への導線が短くなり廊下の面積を減らすことになります。
また、廊下が建物の真ん中にくるので、各戸の採光を確保することも可能になりました。
建物の中間部といっても、以前の外壁を一部撤去したので暗くなく、とても明るい階段室・ホールになっています。
メッキ仕上げの階段がオシャレですね。
 
     
↑このページのトップへ
 
 
 
| サイトマップ | 個人情報について | リンク | 恵幸商事のホームページへ |
copyright(c)2006 echo corporation all right reserved