大阪市のリフォーム・新築・オール電化住宅を大阪、阿倍野、住吉でお探しの方は恵幸商事建設事業部まで

    恵幸のおすすめプラン
    仕事の流れ  
    作品紹介
    会社概要  
    職人紹介  
    お問い合わせ  
    恵幸の建築日記  
    ホームへ戻る  


 
ホーム > 作品紹介 > M.T様邸
 

今回はN.PLANNING ROOM 西村博治先生の設計、当社建設事業部の施工で新築した「はり灸療院」です。
親子3代に渡り診療して来た診療所ですが、経年劣化により所々に不具合が生じてきたので今回建て替えることを考えられました。外観は、和の要素を出すために切妻屋根にして袖壁をいくつも設けてあり、それがアクセントにもなっています。

内部は、待合、治療室、応接室、研修室などそれぞれの用途に合わせて和のテイストをとり入れながら内装材などを選定されました。
待合は治療に来られた方が素足で歩かれるので畳を使用し、足触りが温かく感じられるように配慮されベンチシートに腰掛けたり直接畳に座ったり出来るようになっています。
また、子供が退屈しないようにキッズルームを設けクロスも子供向けのものを貼っております。
治療室は待合室同様素足で歩くので無垢のフローリングを張り、その下には床暖房を施工しております。治療室からは中庭が見ることができ治療の方の目を和ませてくれます。2階は大人数を収容できる和室を設け、海外からも来るという研修生の方々の研修室となっています。

工事中は、梅雨や夏の暑さ、台風など様々な気候に左右されながらも西村先生の適切なご指示とT様ご家族のご協力によりとても順調に進んでいきました。T様は診療所の隣にご自宅があり工事中も良くお会いし、私たちや職人さんにいつもお声をかけて頂きました。そのおかげもあって、予定通り無事工事を完了する事ができました。それでは新しくなった はり灸療院をご覧下さい。

   
     
■写真をクリックすると大きくなります。
 

外観は上下で外壁材を変え、上部を白の漆喰調の吹付で仕上げることによって、和風のイメージをもたせました。
また、今回は軒の出を大きく取りその屋根を支える壁を角度を持たせて取り付けることで、建物全体にボリュームがうまれました。治療室から見える庭は解体前の診療所で使っていた石を組み合わせて和風庭園を製作しました。手水鉢から流れる水の音が癒しの一時を演出しています。

 
     
↑このページのトップへ
 
 
 
| サイトマップ | 個人情報について | リンク | 恵幸商事のホームページへ |
copyright(c)2006 echo corporation all right reserved