大阪市のリフォーム・新築・オール電化住宅を大阪、阿倍野、住吉でお探しの方は恵幸商事建設事業部まで

    恵幸のおすすめプラン
    仕事の流れ  
    作品紹介
    会社概要  
    職人紹介  
    お問い合わせ  
    恵幸の建築日記  
    ホームへ戻る  


 
ホーム > 恵幸のおすすめプラン > 断熱工法の提案
  住まいの快適性を求める上で、断熱性能は大きな割合を占めています。「冬暖かい家・夏涼しい家・結露しない家」そんな住まいを実現するための、断熱に関する知識をご紹介いたします。  
  家の断熱工法として現在使用されているものは、大きく分けると内断熱工法と外断熱工法の2つになります。(木造住宅の場合、充填断熱工法・外張断熱工法と呼びます。)
内断熱工法(充填断熱工法)は、グラスウールなどの断熱材を外壁と内壁の壁空洞に埋め込むように入れる工法です。外断熱工法(外張断熱工法)は、壁空洞を残したまま柱の外側に板状の断熱材を途切れることなく張りつめる工法です。
 
 
内断熱(充填断熱)工法
 
外断熱(外張断熱)工法
 
■内断熱(充填断熱)工法と外断熱(外張断熱)工法の特徴
内断熱(充填断熱)
コストが安い。
敷地が狭くならない。
(外張りで厚みが張り出すと利用できる敷地が狭くなります)
断熱層の厚みを増やしやすい。
ガラスを主原料とするので炎に強い。
(長時間高熱にさらされても変形・劣化せず、有毒ガスも発生しません)
複雑な形状にも対応可能。
(外観に対するコダワリを邪魔しません)
外断熱(外張断熱)
建物全体が外気の影響を受け難い
壁内の空気が対流しやすいため、結露が発生し難い (壁内で直接空気に触れるため木材の呼吸が促進されます)
内壁内の、配線、配管が自由にできる
断熱材が、機密性と断熱性を兼ね備えている
内部空間を隅々まで利用可能。
(柱と柱の間や小屋裏を屋内に活用できます)
 
  当社では、内断熱(充填断熱)工法と外断熱(外張断熱)工法の両方を採用しております。どちらの工法も一長一短はありますが、当社では確かな技術で施工しているので、それぞれの工法の良さを十分に発揮することができます。  
  家の断熱に関して、内断熱・外断熱と並んで大事なのがガラス部分の断熱です。なぜなら、ガラス部分は躯体以上に家の中の熱が逃げていきやすい場所だからです。今までは、ガラスといえば単体のガラスが一般的に使用されており、それが当然という認識でした。しかし今では、ガラスにも色々な種類があり、用途によって選択することができます。ここでは、家の断熱に効果的なガラスの種類と特徴を紹介します。  
●真空硝子 スペーシアイーエス(ES)
 
 

■2枚のガラスの間に0.2ミリの真空層を形成したスペーシア。真空層が熱の「伝導」「対流」を、遮熱高断熱Low-E膜が「放射」を抑えますので高断熱性能を実現し、冬の暖房負荷を軽減します。さらに夏は、日射熱を反射しますので冷房負荷を軽減。夏は涼しく、冬は暖かい環境を実現します。
また、単板ガラス用サッシに装着できるという特徴も備えていますので、既存住宅の窓の断熱化も実現し、地球環境保護(CO2削減)という視点からも大きな貢献が期待されています。

 
効果 結露防止・最高断熱・省エネ・遮音・遮熱・UVカット効果があります。

機能・特長

結露防止 外気の寒さにより室外の硝子面が冷やされるが、真空層による断熱効果のため、室内の硝子の表面温度が下がりにくいので結露を防止できます。
高断熱 一枚硝子の4倍強、複層硝子の2倍強の断熱性能があり室内をすばやく暖房し熱を逃しません。室内の天井から床までの温度差が少ないのでポカポカです。

省エネ・遮断・UVカット

強い日差しを和らげる遮断機能や紫外線をブロックする機能を備えた硝子です。夏は太陽熱の侵入をおさえ冷房効果を高め、冬は暖房熱を逃さないので夏涼しく・冬暖かくすごせます。
遮音 2枚の硝子がマイクロスペーサーによって圧着されています。複層硝子のように2枚の硝子が空気層で離れていないため遮音性能を下げる原因となる共鳴現象がありません。遮音性能の高いサッシとの使用をお勧めします。
●真空硝子 スペーシアスタンダードタイプ(ST)
 
 

■スペーシアSTは、暖かい太陽の日射しを室内に十分取り入れるとともに、室内の熱を外に逃がさないので冬の暖房負荷を軽減する断熱性能を追及した真空ガラスです。
また、単板ガラス用サッシに装着できるという特長も備えていますので、既存住宅の窓の断熱化も実現し、地球環境保護(CO2削減)という視点からも大きな貢献が期待されています。

 
効果 結露防止・高断熱・省エネ・遮音効果があります。

機能・特長

結露防止

外気の寒さにより室外の硝子面が冷やされるが、真空層による断熱効果のため、室内側の硝子の表面温度が下がりにくいので結露を防止できます。

高断熱 一枚硝子の4、複層硝子の2の断熱性能があり、室内をすばやく暖房し熱を逃しません。室内の天井から床までの温度差が少ないのでポカポカです。

省エネ

断熱性能に優れているため、少ないエネルギーで快適な暮らしが出来ます。 
遮音 2枚の硝子がマイクロスペーサーによって圧着されています。複層硝子のように2枚の硝子が空気層で離れていないため遮音性能を下げる原因となる共鳴現象がありません。遮音性能の高いサッシとの使用をお勧めします。

●遮熱高断熱複層硝子

 
 

■2枚のガラスのうち、室外側のガラスにLow-E膜をコーティングした遮熱タイプの複層ガラス。夏に外部からの日射熱を室内に入れにくく、冷房効果を高めるのが特長です。また、冬には室内の暖房熱を反射しますので、熱を外部に逃さず暖房効果を高めます。

 
効果 結露防止・高断熱・省エネ・遮熱・UVカット効果があります。

機能・特長

結露防止 外気の寒さにより室外の硝子面が冷やされるが、空気層による断熱効果のため、室内側の硝子の表面温度が下がりにくいので結露を防止できます。
高断熱 一枚硝子の3.8、複層硝子の1.8の断熱性能があり、室外に逃げる熱が少ないため同じ暖房温度でも暖かさが違います。

省エネ・遮断・UVカット

強い日差しを和らげる遮断機能や紫外線をブロックする機能を備えた硝子です。夏は太陽熱の侵入をおさえ冷房効果を高め、冬は暖房熱を逃さないので夏は涼しく・冬は暖かくすごせます。
●高断熱複層硝子
 
 

■高断熱複層硝子は、暖かい太陽の日射しを室内に十分取り入れ、室内の熱を外に逃がさず、断熱性能を追求した高断熱複層ガラスです。
室内側のガラスにコーティングした高断熱Low-E膜が、波長の短い日射熱を透過させ、波長の長い暖房熱は室内へ反射する特質を持っていますので、室内から逃げる熱が少なく、冬を暖かく快適に過ごせます。

 
効果 結露防止・高断熱・省エネ効果があります。

機能・特長

結露防止 外気の寒さにより室外の硝子面が冷やされるが、空気層による断熱効果のため、室内側の硝子の表面温度が下がりにくいので結露を防止できます。
高断熱 一枚硝子の3.2、複層硝子の1.5の断熱性能があり、室外に逃げる熱が少ないため同じ暖房温度でも暖かさが違います。

省エネ

断熱性能に優れているため、少ないエネルギーで快適な暮らしが出来ます。
●複層硝子
   
 

■断熱性能のみを備えたベーシックタイプの複層ガラス。2枚のガラスの間にある空気の層が熱の伝わりを防ぐため、一枚ガラスの2倍の断熱性能を発揮します。

 
効果 結露防止・断熱効果・省エネ効果があります。

機能・特長

結露防止 外気の寒さにより室外の硝子面が冷やされるが、空気層による断熱効果 のため、室内側の硝子の表面温度が下がりにくいので結露を防止できる。
断熱 一枚硝子の2の断熱性能があり、室外に逃げる熱の量を減少させます。

省エネ

一枚硝子に比べて、エネルギーの使用量を減少させます。
  上記のような断熱効果を持つガラスを使用することで、窓ガラスから逃げる熱が少なくなり、冷暖房費の削減ができます。これにより、快適性はもちろん経済性においても向上します。その他にも様々な断熱ガラスがありますので、詳しくはお問い合わせ下さい。  
●ご相談ください
 
家の断熱は打ち合わせの時点では、とても分かりにくいものです。そのため、断熱に関する内容は慎重に検討しなければなりません。多くの選択肢の中で一番合った選択肢を選ぶことは、お客様自身では難しいものがあります。
当社では、豊かな経験と知識、確かな技術で施工しております。それぞれの利点を考え、お客様に一番合った選択肢をご提案させて頂いております。
 
↑このページのトップへ
 
 
 
| サイトマップ | 個人情報について | リンク | 恵幸商事のホームページへ |
copyright(c)2006 echo corporation all right reserved